© 2019 Otonomadobe

 

明治~大正時代にかけて宿痾と貧困のなかを駆け抜けた

稀代の叙情詩人・山村暮鳥(やまむらぼちょう/1884~1924)。

その詩・童謡に曲をつけ歌う、大野慎矢の主宰ユニット。

2005年から東京でライブ活動を始め、継続している。

 

現在はピアノでの弾き語りを軸として、チェロ、コントラバス、

アコーディオン、バイオリン等を加えた 編成や、

ギターや足踏みオルガンでの独奏弾き語りもする。

時代によって詩風を大きく変遷してゆく一人の詩人の、

豊穣な韻律/心象を描いている。

 

2015年、DVD「山村暮鳥のうた 映像集」を発表(撮影/編集:和久井幸一)。

同年より、奇数月第3金曜日、東京・四ツ谷三丁目の喫茶茶会記にて、

歌の企画「うたのとぐち」を定例主宰している。

2019年2月、CD「山村暮鳥のうた」を発表。

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey G+ Icon
  • Grey YouTube Icon
  • Pinterest Icon
  • Instagram Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now